三重県亀山市のフラワー教室・キャンドル教室auRinko(アウリンコ)です。趣味の方から資格取得まで少人数制で安心して丁寧にレッスンさせていただきます。

ドライフラワー作りについて…

こんにちは、今日はとても暖かい日になりましたね♪
私は娘と散歩しながら、早くも春を感じていました。つくしやヨモギ、たんぽぽやクローバー、ビオラにスイセン、ピンクに色付き出した桜の蕾たち・・。
我が家の庭でもいろんなお花が生き生きと咲きだしています。

先日、3月8日はミモザの日でした♪
とても沢山のミモザを使った作品がSNS上では紹介されていましたね。
私もミモザの作品を作りましたよ。
現在経過観察中で、もう少し変化がない場合は、販売も考えています!


【ミモザのボタニカルキャンドルとハーバリウム】

 

ハーバリウム大人気で、また花材が入手しにくい状況、オリジナル個性感を出したい方もいるでしょう!その為、自分で乾燥させたドライフラワーのハーバリウムが増えてきますね。でも注意しないと、腐りや変色などの問題も出てきます。残念ながら実際にそのような話を耳にしています。

ちなみに【ミモザのハーバリウム】は、そのままオイルに入れると黄色くオイルに色移りします。
また【桜のハーバリウム】は、花弁がとても薄く激しく透けます。また単体では沈んでしまうため、先日、とてもインスタグラムで好評でしたこちらの作品もプリザのアジサイと一緒に入れています。

また、桜の小枝ごと入れる場合、完全に枝を乾燥させるのは難しく、また枝から色素が溶け出しオイル黄色くなります。

ミモザも桜(枝も)もひと工夫しないと失敗作となってしまいますし、販売する場合はクレームに繋がりますので、工夫と経過観察をして販売したいです。

 

ちなみにこちらは、東京の平均湿度のデータです。
1~3月45%
4月 50%
5月 60%
6月 65%
7月 75%
8月 65%
9月 70%
10月 62%
11月 55%
12月 50%

これを見ると5月からとても湿度が上がってきますので、乾燥はしっかりとさせないといけませんね。また、出来上がっている花材の保管にも注意が必要ですし。カビや虫の問題も出てきます。

 

でも、素材から作る事は手軽でとても楽しく、作品により愛着がわきます♪
お花の保存の仕事をしている者としては、心配でもありますが、興味を持って頂けて嬉しくもあります。

私もこの春、いろんな素材を乾燥させて、いろんな自然素材のハンドメイド作品を作りたいと思います。皆さんもいろいろチャレンジしてみてくださいね♪

トップへ戻る